地域活性化

活動

ルーガリーモの5人が三河三間地域(岡崎市(旧額田町の区域)、豊田市(旧藤岡町、旧小原村、旧足助町、旧下山村、旧旭町、旧稲武町の区域)、新城市、設楽町、東栄町、豊根村の6市町村)の観光・文化・自然などの地域資源や三間地域での暮らしの魅力などを情報交流することにより、三河三間地域の観光PRや交流移住の促進を図るものです。

「過疎地域に少しでも元気を」ということで始まりました。

 

ルーガリーモのメンバー

  • 小林 久美子(豊田町担当)
  • 加藤 夕沙(新城市担当)
  • 沓名 奈津子(設楽町)
  • 金城 愛(東栄町担当)
  • 鍋島 のぞみ(豊根村担当)

 

過疎地域とは

人口の急激な減少によって地域社会の活力・活気が低下し、生産機能や生活環境の整備などが他の地域よりも低い位置にある地域のことです。国の法令上の過疎地域の定義は、財政力指数にもとづく「財政要件」と、人口減少率・高齢者率・若年者率を勘案した「人口要件」によって定義されています。

地域の自治体は地方税の税収が少ないので、財政力が弱いのです。若者が都市部へ出て行ってしまったり雇用の場の不足などが大きな要因でもあります。全国47都道府県のうち647市町村が過疎地域とみなされています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です